【 ネットワーク対応型 見積・請求ソフト】

https://estimate.data-arrow.net/


お問い合わせフォームはこちら





ソフトの変更履歴は お知らせ情報 を参照願います。


2019年07月04日 みんなの見積書Lan対応版 バージョン4.62を公開しました。

minmitsulan.zip ( 6388Kbytes) Ver4.62  (シェアウェア版)    

【 見積書・請求書の作成や売上・入金・出金管理ができるネットワーク対応型ソフト 】

   販売価格 10,800円(税別)より
   詳細についてはソフトを起動し、【制限その他】タブを参照願います。

14日間の試用期間を設けています。
この間、御見積書、内訳明細書、御請求書の作成はご自由に利用することができます。


【主な特徴】
軽減税率を含む複数税率の記載が見積書に作成可能になりました。
内訳明細利益算出フォームを実装しています。
 利益率や利益金額を確認しながら内訳明細書の作成が可能になりました。
数字や文字をチェックする際に使用するマーカー機能を実装しています。
定期保守契約見積書や定期的に発行する請求書を登録管理できます。
御見積書、内訳明細書、御請求書のカラー印刷ができます。もちろん社印の登録・印刷も可能です。
年度別売上収支表の各種データ印刷・出力ができます。前年度と比較したグラフ印刷が可能です。
発注業者への出金管理ができます。出金日、出金予定日が登録できます。
ネットワークでも単独PCでも、どちらでも切換えて使用する事ができます。

 使用するには圧縮ファイルを解凍後、【みんなの見積書Lan対応版.exe】を起動して下さい。
 動作には別途、Microsoft.NET FRAMEWORK 4.5.1 以降が必要になります。


概要
 見積書・請求書の作成や売上・入金・出金管理ができるネットワーク対応型ソフトです。
 軽減税率を含む複数税率の記載ができるので税率制度の変更に際しても安心してご利用いただけます。


動作確認環境

 Microsoft Windows 10  32bit、64bit
 Microsoft Windows 8.1  〃
 Microsoft Windows 7  〃


 本ソフトを動作させるには別途、Microsoft.NET Framework 4.5.1 以降が必要です。


推奨画面解像度
 操作に必要な画面解像度は 1920×1080 以上を推奨します。




ソフト起動について

1.ダウンロードした minmitsulan.zip  を解凍すると、以下のファイルとなります。


  


2.みんなの見積書Lan対応版.exe をマウスの左ボタンで Wクリックします。


3.ソフトが起動すると、スマートスクリーンの警告が表示されますので詳細情報をクリックします。

  
  


5.実行をクリックします。

  


6.みんなの見積書Lan対応版ソフトが起動します。
  (次回からはこの操作は必要ありません。)


こちらのホームページからダウンロードした【みんなの見積書Lan対応版.exe】は安全なファイルです。
改ざんはありません。



消費税率:複数適用フォームを表示するには、御見積書の【消費税選択】で【複数税率適用】を選択後、御見積書の【単価】欄をWクリックして下さい。

消費税率:複数適用フォームが起動します。



                             (消費税率:複数適用フォーム)


消費税率:複数適用フォームの使い方

 1.複数税率適用明細書で税率を設定します。

 2.複数税率適用明細書(集計)の【集計】ボタンを押します。

   (複数税率適用明細書に記載した税率で各々の金額集計が行われます)

 3.集計した項目欄上でマウスを左クリックし、項目名を指定します。

 4.Shift キー + マウス左クリックでドラッグし、項目の左側No(数字 01〜20)上にドロップします。

 5.ドロップした行の 項目、金額、税額、総額、税率 の各欄に値が表示されます。

 6.データの保存処理を行うことにより、御見積書に各金額が転送されます。


印刷出力:複数税率適用明細書(集計) PDF

印刷出力:複数税率適用明細書 PDF



内訳利益明細書算出フォームを表示するには、内訳明細書の【単価】欄をWクリックして下さい。

内訳明細利益算出フォームが起動します。



                       (内訳明細利益算出フォーム)


印刷出力:内訳明細利益算出書 PDF



Q&A


みんなの見積書フリー版を使用しています。データをみんなの見積書Lan対応版に移行させたいのですが、どうしたら良いですか?

 Lan対応版はネットワーク上で使用する関係上、フリー版とは異なるデータ格納をしている為、データをLan対応版に完全移行させることはできません。
 しかしながら、ご利用者様にあまり不便を強いる事はしたくないものだと考えまして、可能な限りデータの移行を考慮しています。

 フリー版からのデータ移行操作につきましてはフリー版からデータをCSV出力し、Lan対応版にてデータをCSV入力する事で可能となります。

  データ移行が可能なのものは、
   (1).内訳明細書
   (2).分類コード
   (3).顧客登録
   (4).業者登録
   (5).単位登録
   (6).商品マスター    です。

 いずれも各フォームのメニューバーより 管理(K) → CSV入力:○○○○  を選択する事により、データの移行が可能となります。

 見積・請求業務をトラブルなく移行する手立ては、いままでフリー版で発行した見積書はそのままとして、これから新たに作成する見積書をLan対応版で作成していくこととなります。
 フリー版で作成した見積書の内訳を一件一件CSV出力して、Lan対応版で読み込まなければならないのが少しお手間でしょうが、ご理解いただければと思います。


印影の登録で、自社表示画面に大きく表示されてしまいます。

 印影登録画像エリアの大きさは、640×480ドットのサイズで表示領域としています。
 印影画像を登録する場合、表示領域より小さい画像の場合は拡大表示されてしまいます。

 例として、印影の画像を100ドット×100ドットとする場合、大きさ640ドット×480ドットの画像の中に100ドット×100ドットの印影画像を配置して、位置や大きさを見てバランスを取るということになります。
 (ここでの画像の大きさは例として記載しています)

 この画像表示する仕様により、自社ロゴをうまく配置すれば印影として印刷することが可能となります。

 なお、ロゴ印刷について別途ご希望される場合は、有料サービスとして行っておりますのでメールにてお問い合わせください。


保存した内訳明細書の特定のページを現在編集している内訳明細書に追加できますか?

 内訳明細書をCSV出力し、テキストエディターで編集したCSVデータを入力することにより可能です。

 1.保存した内訳明細書のデータを 管理(K)  ⇒ CSV出力:内訳明細データ により出力して下さい。
 2.現在編集している内訳明細書も同様の操作によりCSV出力して下さい。
 3.テキストエディターにより、CSVデータを表示させ、データ列の並びを見ます。
 4.データ列の規則性が理解できたなら、必要な箇所のページを切り取り、現在編集しているCSVデータに貼り付けます。
 5.作成したCSVデータを、CSV入力:内訳明細データ により読み込むことで可能となります。


NASにソフトを置きネットワークで使用していますが、データの保存ができません。

 操作モードが【読取モード】』になっているかを確認をしてください。【読取モード】』ではデータの保存はできません。

 ネットワークで使用する場合、一番最初にファイル(見積ID)をオープンしたパソコンにデータの編集権を与え、二番目以降のパソコンは読取モードにして閲覧のみ可能にしています。
 その理由はそれぞれのパソコンがデータを自由に保存できると、データの整合性が保てなくなるからです。

 ファイルを開いた時のモードが【編集モード】なのか、【読取モード】なのかの判別は、メインフォームの一番右下に【コードNo.】と【操作モード】を表示させていますので確認する事ができます。

 また、メニューバーの 表示(V)  ⇒ アクセス:ユーザー表示 でもアクセスしているパソコンとファイルの編集権を表示できますので確認する事ができます。


本店−支店間をVPN接続によるネットワークで構築していますが、みんなの見積書Lan対応版は動作しますか?

 ご利用者様のネットワーク環境をすべて確認することはできませんので、ソフトの動作を保証することはできません。
 この場合は、ご利用者様ご自身での動作確認をお願いいたします。

 ホームページ上にある試用版をダウンロードして動作を確認することとなります。

 1.メニューバーの 設定(S) ⇒ ログイン:ユーザー登録 ⇒ ご利用切換を【単独使用】 より 【LAN使用】 にしてください。
 2.ログインするもう一名を新規作成により新たに登録してください。
 3.その後ソフトを終了し、再起動することにより、2台のパソコンでログインすることが可能となります。
 4.本店−支店間のネットワーク上サーバーにソフト一式を置き 【みんなの見積書Lan対応版.exe】 を起動してください。

 以上の操作により、ソフトの動作確認をお願いいたします。


ネットワークで利用する場合、何名程度の接続ができますか?

 みんなの見積書Lan対応版の無制限バージョンをご利用いただければ、接続ユーザー数の制限はありません。
 ただし、遅延の大きなネットワーク環境の場合、接続ユーザー数に制限を掛けないとソフト動作に不具合が発生する可能性はあります。

 一般的なお話しとなってしまいますが、概ね10名程度のご利用は問題ないと考えております。





操作マニュアル:みんなの見積書Lan対応版 minmitsu_lan.pdf はこちらです


Since 2005/02/15  Copyright (C) data arrow 2005 - 2019  All rights reserved